糖尿病食の宅配利用|手間を省いて健康キープ

介護

カロリー制御とメニュー

男女

メニューごとにカロリーが明らかになっているのが糖尿病食の宅配であり、それによって自分に合ったカロリー制御が実現しやすいのが人気を高めています。今後は各メニューのカロリーを調節して柔軟性のある提供が行われていくでしょう。

詳しくはこちら

外食産業と制限食

医者

腎臓病になって食事療法を行っていると、食事のバリエーションをもたせるのが難しくなります。そういった患者をターゲットにした外食産業が今後は展開されていくでしょう。現状でも成分表示のあるメニューを提供している飲食店を利用することで食事のバリエーションを増やすこともできます。

詳しくはこちら

家族が糖尿病になったら

看護師

糖尿病の食事提供の今後

糖尿病になると食事制限をしなければならなくなる状況になることもしばしばあります。摂取するカロリー量を制限して糖尿病を進行させないようにするのが糖尿病食の基本であり、現在では宅配サービスを利用して糖尿病食を手配することが増えてきています。しかし、糖尿病食も患者に応じて必要なことが異なっているのも事実であり、人によっては低炭水化物食、低タンパク質食が必要になる場合もあります。その程度も人によって異なることから、今後の宅配の糖尿病食の動きとして、より個々のニーズに合ったバリエーションのあるメニューでの宅配サービスが提供されていくことになるでしょう。糖尿病食もただのカロリー制限食ではなくなっていくのです。

糖尿病の食事手配の注意

糖尿病食を宅配で手配するというのは家庭にとってとても便利なことです。カロリーを制御した食事の献立を考えるのは大変なことであり、それを毎食行っていると食事を作る人は混乱してしまうことすらあるでしょう。しかし、気をつけなければならないのは宅配サービスを利用しているからといってしっかりとカロリー制限が達成されているとは限らないということです。三食全てを宅配にするわけではないのが通常であり、ほかの食事で食べ過ぎてカロリー過多になってしまっては元も子もありません。そのためにしっかりと他の食事もカロリーを考えて提供してあげるか、三食全てを宅配サービスで準備してあげるということが糖尿病患者に食事を提供する際には大切です。

血圧が高い人の食事

介護

高血圧症の人は、塩の量と摂取カロリーを減らした食事をすることが必要になる。病食の宅配サービスを利用すると、摂取カロリーを低く抑えた減塩食を自宅などに届けてもらえ、高血圧症の食事療法をすることができる。

詳しくはこちら